道具の話 · 2019/01/31
先ず確認しておきたいのはレベルラインと比較してどちらがよく釣れる釣れないといった類の話ではないということ。 撚り糸が衰退した要因として考えられるのは、商業目線で考えたときに生産性が非常に悪いということが挙げられる。 これについては現在の釣り具メーカー各社の動向を見れば一目瞭然で、時間と人手を必要とする撚り糸テーパーラインよりも機械で大量生産できるレベルラインを主力商材としている現状がある。

道具の話 · 2019/01/31
今となっては撚り糸テーパーライン(昔はトバシ糸といわれていた)が公に語られる機会は少なくなった。それ故に誤った情報や偏った見識が散見されるのも事実。もっともそれらの情報が撚り糸に精通するテンカラ師による発信でないともすればその信憑性は疑われて当然のこと。 その代表的なものといえば重い撚り糸に起こる「オツリ現象」ではないだろうか。...

道具の話 · 2019/01/30
おかげさまで大変ご好評いただいております撚り糸テーパーライン"GT line"がリニューアルしました。 あたらしくテンカラ糸"横綱"(撚り糸テーパーライン)と命名いたしました。

昨年の秋に参加させていただきましたテンカラ女子会の様子が1月21日発売 つり人社「渓流2019春」に掲載されております。 よろしければご覧くださいませ。 tenkara.k

今回はテンカラ釣りのキャスティング動画です。 道具が違えばキャスティング方法も違うということで、、、撚り糸テーパーラインのトバシ技術が忘れ去られてしまっている現在のテンカラ釣りです。もちろんここに紹介する僕のトバシは名人から受け継いだものではなく試行錯誤を重ねて出来上がった我流なわけですからあくまでも参考程度のものです。

2018/11/29
冬の管釣りはいろいろな釣り方の検証をする絶好の機会です。 気になっていたことをアレやコレやと試してみます。 こう流したらアタルとか、こうアワセたらフッキングするとか、こうやりとりしたらバレるとか。 しかもそれらは全てタックルバランスと連動いているから奥が深くてたまりません。


2018/10/31
What is Tenkara×Canoe? もっと身近に非日常のアウトドア体験を 日本伝統の釣り「テンカラ」と北米伝統の船「カナディアンカヌー」を体験する 都会のすぐそばを流れる多摩川で 高速道路の渋滞に巻き込まれることのない身近な場所で 日本と北米の伝統が融合したあたらしいOutdoor Activity Tenkara×Canoeで遊ぶ 大人も子供もすべてのアウトドアファンへ...



さらに表示する