[動画]低水温&風が強い日のテンカラ釣り

低水温&風が強い日のテンカラ釣り


YouTube動画更新しました。

「低水温&風が強い日のテンカラ釣り」前後編2本立て

 

今回はtenkara.kさんに解禁当初を想定した釣りを実践していただきました。

 

解禁当初は春の強風と低水温という難しい釣りになります。

 

低水温時は魚も捕食範囲が縦にも横にも狭くなっています。

特にレンジを変えてまで毛鉤を追うことは少ないですから、いかに魚のお好みの範囲内に毛鉤をアプローチするかがポイント。

そのためには盛期のように上射ち(アップ)でリアクション待ちの数射ち作戦ではなく、時には下射ち(ダウン)でじっくりゆっくりお届け作戦が効果的です。

 

 それを可能にするために「撚り糸テーパーラインの重さと水馴染みを利用しての釣り方」になります。

春の強風時はとても頼りになる釣り方です。

 

テンカラはラインを水に着水させないといわれていますが、この釣り方では積極的に水中に潜らせて掛けます。

もちろんラインのしなやかさ、伸縮性、重さ、水馴染みが重要になりますので、使うラインは単糸よりは撚糸のほうが掛かりが良いです。加えて撚り糸ならライン表面に凹凸が無い方が水中で安定しやすいと思います。

 

それから鉤素にしてもナイロンがオススメです。

フロロの方が沈むから釣れるのでは?と疑問のかたもおられるとおもいます。

たしかにフロロのほうが高比重ですが、それでもナイロン1.14に対して1.78とかその位なわけですし、もともと0.8号程度の細糸なわけですからそれ自体では大して沈まないわけです。試しに1mくらいカットして川面に落としてみてください。

話がそれますが鉤を大きくしたり鉤素を細くしたりする方がよほど沈むかもしれません。

 

ライン、鉤素の素材選びにおいてナイロンを優先したいのは、しなやかさ、やわらかさによる掛かりの良さとバラシの少なさを実感できるからです。

 

 

明日はいよいよ解禁です。

 

 

DaisukeTsuchiya