冬の管理釣り場で磨く技のテンカラ釣り

冬の管理釣り場で磨く技のテンカラ釣り

冬の管釣りはいろいろな釣り方の検証をする絶好の機会です。

気になっていたことをアレやコレやと試してみます。

 

こう流したらアタルとか、こうアワセたらフッキングするとか、こうやりとりしたらバレるとか。

しかもそれらは全てタックルバランスと連動しているから奥が深くてたまりません。

 

ポイントが違えば理想のタックルも釣り方も変わります。

どんなタックルを組んだら釣れますかというのは一概にはわからないです。

上手な人はこの答え探しが早くて正確なんですね。

ポイントをいち早く自分のものにし、自分の引き出しのなかからその場に応じた最善の釣り方を見出す。

竿、ライン、ハリスはそれぞれ〇〇mで毛鉤は〇〇系の大きさ12番程度のもので〇〇釣法との組み合わせが効果あり。

テンカラ釣りのやっかいなところは答えがわかってもそれを実践する技術が必要だということ。

 

たまに「テンカラはアレコレ考えずに釣れる魚だけをテンポよく釣り上げる釣りである」といわれていますが、これを正しく解釈しないと大変な目にあうのではないでしょうか。

毎回、同じ投げ方、流し方、誘い方では釣れる時は釣れるが、その釣り方が合わなかった時には本当に釣れないことが起きるかと思います。

 

テンカラは技術の釣りです。

釣り方次第では0か1かの差が明確に出ます。

 

東京秋川のとあるポイントでAさんと検証した日のことは僕にとってとても有意義な釣行でした。

二人で全く同じポイントの同じ線を同じ釣り座から交代で狙いました。

僕はこのポイントでの釣り方を知っていたので立て続けに3匹ヒット。

その間Aさんは0。

その後Aさんに秘技「モノ狂イ」「踊リドメ」をレクチャーし仕掛けのバランスも変えていただきすぐさま連続ヒット。

もちろんより糸の利点が光るテーパーラインならではの釣法です。

すべて同じポイントの同じ線での釣り。

このとき改めて「テンカラは技の釣り」であることを実感しました。

 

技自慢や釣果自慢はつまらないと嘆く釣り師もおられるようですがみなさん本当にそう思われているのでしょうか。

技や釣果というのは釣りの醍醐味であってこれを否定してしまうのはなんとも残念なことかもしれません。

そもそも「俺の方が上手い」とか「俺の釣った魚の方が大きくて美しい」なんていうのは釣りのたのしみのひとつで、それこそ釣り談義に花が咲くというものです。釣りバカとはよくいったものです。

もちろん釣果を追いかけるあまり公に相応しくない釣り姿が存在するのも事実ではありますし、テンカラ釣りにおいてはやはり発祥の国なわけですから「日本の山で 日本の川で 日本の釣りをたのしむ」という誇りをもっていたいものです。釣れればなんでもアリというのはスマートではないのかもしれません。

自慢はつまらないと嘆く釣り師のかたはこういったことを懸念しておられるのかなとも思います。

 

話がそれましたが、冬の管理釣り場は技を磨く絶好の機会です。

ロングラインをバーンと投げて池のように穏やかなポイントで極小毛鉤をプカプカ、インジケーターをプカプカの釣りに慣れてしまうと3月の解禁で大変な目にあうかもしれませんのでほどほどに。

 

またどこかの山でお会いしたらお願いします。

 

DaisukeTsuchiya