里山ヤマメと再会の日

東京の里山に梅の花が咲く頃、渓流釣りも解禁を迎える。

3月1日は多くの渓流ファンが心待ちにしている渓流釣り解禁日なのです。

どんなに忙しい毎日をすごしていても「あぁ今日は解禁日だよなぁ」と昔に釣った大物の手応えや美しい魚体を思い出してしまう日なのです。

今日は多摩川の支流のそのまた支流。

いかにも里山の細い流れ。

解禁釣行にはこういった細い沢が安全で良いのです。

まだ体も慣れていないですし。

そりゃ険しい山に分け入って突破するのもカッコイイですし釣果も見込めますけど。

僕は安全でのどかな里山の流れが好きでお弁当広げたりしながら行きます。

大人なら一跨ぎのこんなに浅い流れですから。

登山の方達にこんなところに魚なんているのですか?なんて聞かれます。

いるんです。しっかりと。綺麗なヤマメが棲んでいます。

画面中央です。

しかしなかなか釣れないのです。

以前ここでお会いした地元の方は、迷彩服着てほふく前進するくらいの気持ちでやらなきゃ釣れないよと教えてくださいました。

本当にそうですね。

ここのヤマメは警戒心が最高レベルです。

地元の方はその川の釣り方をよく知っておられます。

座り込んで姿勢を低くしてしつこく毛鉤を打ち込んで。

今のは良い感じで流れの中に入ったかなぁと思った矢先にラインがクイクイっと走る。

ん???

ヤマメ。(17cm位)

私の場合は手の平をいっぱいに広げた時の親指と小指の先の間が21cmなのでいつもそうして測っています。

※東京都の条例で12cm以下は採捕禁止です。

まだ水温も低くこういった流れのゆるい場所に何匹かで一緒にいる感じでした。

上からそぉっと覗き込むと泳いでいるのが見えます。

温かいものを飲むと回復します。

お湯がなかなか沸かない時はそこらへんにある石を積んで風防してあげると良いです。

東京の都心から1時間ほどの里山にもヤマメが棲んでおります。

貴重な自然です。

渓流釣りしてみたいなぁ。

けどいきなりハードな山登りや大源流はちょっと。。。という方は里山から始めてみるのがよいです。

電車やバスだけで行けるところもあります。

ハイキングに行く時のようなライトな気持ちで。

私にとってのテンカラ釣りとはそういうこと。

またどこかの山でお会いしたらお願いします。