相模川支流にてテンカラ釣りガイド

今日はA様を山梨県相模川水系のヤマメ沢へご案内。

ここは都内から電車、バスでも2時間程度で行ける近場の里山渓流。

自分で釣って塩焼きにして食べるという企画です。

先週の下見では年越しのヤマメと放流モノがたくさん釣れましたので今日は塩焼きいけるはずです。

ここは特別危険な難所もなく入渓地点から源流域まで気持ち良く釣り上がれます。

本流との合流付近は漁協の放流量も豊富で多くの魚影を見ることができます。

しかし釣り人も多く魚はとてもスレているので慎重にアプローチ。

この日も2人の地元釣り師の方と会いお話ししました。

沢テンカラでは竿もラインも短いのでターゲットとの距離があまり長く取れないですから魚の後ろに位置取りすることが基本です。

先にこちらの存在に気付かれてしまうと逃げられてしまいます。

アプローチの重要性はテンカラ釣りだけでなく全ての渓流釣りに共通して言えること。

渓流釣りが上手い人はこのアプローチとポジショニングにとても気を使っているように思います。

A様ヤマメ。

A様は昨年の冬管釣りシーズンからテンカラ釣りに転向されましたがすでに上手い!

3月から激戦区の東京秋川水系に通い早春ヤマメを狙っているだけあります。

今日のKさんは最後方から竿抜け狙いで腕試しの様子。

私とA様、それから地元の餌釣り師2人のあとからの釣りあがりで小さな竿抜けポイントからヤマメをしっかりゲット。

これには驚きました。

放流ものは20cm前後の個体が多くなかなか楽しませてくれます。

A様イワナ

ゆるい流れのポイントへ毛鉤を打ち込んでいるとスッとラインが引かれてイワナ。

この川でイワナはじめて見ました。

ここのポイントはたくさんヤマメが群れていましたね。

3人で交代して攻めましたが全員ダメでした。

ヤマメ釣りの場合バシャッと出られてしまうと鉤にかからないことが多い。

自然に流れていないと口で毛鉤を咥えづらくなるのでしょう。

魚の出方が激しくなります。

そういった意味ではドライフライフィッシングのようにハリスにスラッグをつくって水面をゆっくりプカプカの方が吉の場合もあります。

この場合はバシャっと出ても鉤にかかります。

やはりナチュラルドリフトが基本。

無事に3本のキープサイズを釣っていただきヤマメとイワナの塩焼き。

姿は似ているようですけど味は全然違うんですよね。

こうして焚き火を囲んで渓流釣りのあれやこれやを語り合えることがとても楽しいです。

今回の動画はコチラ↓

 

よろしければご覧くださいませ。

またどこかの山でお会いしたらお願いします。

GROUNDSTORE(グラウンドストア)