テンカラ釣りと山菜採り

3月20日 春分の日

前日の夜に明日はどこへ行こうかと考えながらネット検索していると真木川にあるハマイバ釣りセンターのご主人の記事を見つけた。

え?本当ですか。

なにやら今年の真木はとても厳しい状況が続いており名人たちもかなり苦戦しておられる様子。

真木といえば調布ICから1時間ほどの私のお気に入りの川でよく訪れる川。

壊滅状態となるとそれこそ今年の釣れない具合はただ事ではない。

駐車場下の橋から

8時過ぎに駐車場へつくと既に5台も車が。。。

多摩、多摩、相模、品川、八王子。

まだ上のゲートは閉じていて通行止めですから登山ではないですよね。

みなさん釣りです。

ここへ来るまでにも取水場に1台。

その上の橋を渡ったところに1台。

さらにその上の大きな淵があるところにも1台。

これだけ釣り人多かったら厳しいですよ。

というわけで別の支流へ。

ここは真木より魚も少なく型も小さいですが人気薄なのでやはり釣り人いません。

先行者を気にしながらの釣りは難しい。

のんびりマイペースにテンカラが出来て沢の音が聞ければそれが一番です。

笹子ヤマメ

今日もTenkara rod co.のcascade。

このアメリカ製の竿は240cmと日本の竿にはない超ショート設計なところが気に入っております。

藪沢テンカラも苦にしません。

とても扱いやすいので沢好きの方は是非使ってみてください。

ちびヤマメ

こんなに小さくても毛鉤に飛びついてきますから可愛いです。

こんな感じのポイントにいました。

まだ活性も低く底についてる感じでしたので逆さ毛鉤で攻めます。

リリース。

数匹釣ったところでフキノトウを発見。

その後は山菜とりに夢中になってしまいました。

細かく刻んでフキ味噌にしましょうか。

あと少しはやければてんぷらも良かったですね。

またどこかの山でお会いしたらお願いします。

GROUNDSTORE(グラウンドストア)