キャスティングの重要性

 キャスティングの重要性

この日はとある川に10時にお客様と待ち合わせ。

テンカラ釣りをはじめて2シーズン目で、まだ自然渓流では未釣果が続き苦戦しているとのこと。これまでは福島と茨城県北をフィールドに遊んでいたそうです。

福島方面で6度の未釣果というのは、何かしら決定的に釣り方が違うか、よほど場所が悪いか。

例えば、ドライ毛鉤の釣りで解禁直後の水温の低い激戦区で6連敗なら珍しい話ではないと思います。色んなことを考えながら当日を迎えました。

それで、一日中マンツーマンで釣りをしてきました。

狙うポイントも、アプローチも6連敗をするほどとは思えません。激戦区で釣るためのキャスティング技術はこれから磨いていくしかないですけど、それでも東北で6連敗するレベルには思えません。短い竿を用意しないといけないかもしれませんが、イワナの沢で水温の上がる5月以降で狙えば今のままでも確実に数匹ヒットできると断言できる技術です。

この日は先行者がたくさんいたのが辛かった。

最悪なことに、この日は先行者に泣かされました。ちょうどたった今同じ区間を釣り終わって着替えているルアーマンに遭遇したり、最低でも2人の先行者有りの状況。数日前のリサーチで5匹/30分の釣果が出た場所だったのですが。。。

この流域の別の支流に朝から入った方の情報によれば、普段人を見かけない沢で3人の釣り人と会ったとのことでどこも大混雑。

テンカラ釣りにおいては丁寧に釣り上がることがもっとも重要になる。

先行者がいる時、こんな時はどれだけ気配を消してアプローチ出来るか、どれだけ丁寧に毛鉤をキャスト出来るか。

気配を消すためには、姿勢を低くしたり、しゃがんだり、岩に隠れたり。

そこから毛鉤をキャストするためには縦の竿振りだけでなく、左右のサイドキャスト等の臨機応変な竿振りが必要になります。もちろんこの時にラインがバタバタと水面を叩いてしまっては意味がなく、せっかくの慎重なアプローチも台無しになってしまいます。

丁寧に細かいポイントも流していくというのは敢えて言うまでもなく重要です。

キャスティングが全ての本質

アプローチは、どうやってポイントへ近づくかということなので要点を覚えてしまえば何の難しいこともないです。とにかく自分の身体能力を駆使して魚に気づかれないように歩けば良いのですから。

問題はキャスティングにあります。

キャスティングはただ狙った場所に毛鉤を落とすことだけではなく、綺麗に毛鉤から着水しなければ失敗なのです。しかも1投目でビシッと決めなくてはいけません。

毛鉤から落とす

座らずに直立した状態から縦に竿を振るオーバーキャストであれば比較的簡単に綺麗に毛鉤を落とせます。しかし、座ってのキャストや、左右サイド、スリークォーターキャストになると途端に難しくなるのです。

この日のような激戦区で先行者の後から釣るためには

やはり綺麗に毛鉤を打ち込むキャスティング技術を磨かないといけません。最低でも座った状態からの左右スリークォーターキャストは会得することをオススメします。

いくら先行者の後に時間を空けて釣り上がっても、流れに出てきてはくれますが、やはり通常よりも神経質になっているので丁寧にキャストする必要があります。

テンカラ釣り上達へ

この日は、残念ながら釣果には恵まれませんでしたが、魚を釣るためのイロハを重点的に、何故そうするのか、何故そう考えるのか等の今後のテンカラ釣りのヒントになることをレクチャーさせていただきました。

意外とポンポン釣れてしまう日よりも、釣れない日の方が釣るためのたくさんのことを考えるので上達が早いのです。簡単に釣れてしまうと皆で盛り上がって終わりのパターンです。

こうした方が良いという答えだけ聞いたり読んだりして釣っても本当に技術が身についたとは言いません。「答え+何故そうするのか」これが上達するための基本です。

何故にハリスの長さは矢引(1m)位なのですか?